リニアエンコーダー、リニア変位センサー、無人搬送車用センサー等、磁気応用製品の専門メーカー

株式会社マコメ研究所

採用情報

お問い合わせ:製品や技術に関するお問い合わせはお気軽に

HOME > 導入事例 > MACOMEでカイゼン

MACOMEでカイゼン!! <事例と数値でナットク導入効果 その4>
ー 搬送コンベアのチェーン切れ ー

搬送用コンベアーに使用するチェーンに切断トラブルが頻発。トラブルを未然に防ぐ、カイゼンはないか?

トラブル事例

木材加工メーカーで、「パーチクルボード(3×6尺×80枚/1ロット)」の搬送用コンベアのトラブルが頻発。ワークが非常に重く、トップチェーンが切れ故障ロスするので、トップチェーンの寿命を観測したい。

  • ・トップチェーンのコンベア回転数が1,650回転で材質寿命になるため、それまでに交換したい
  • ・これまでの「事後保全」ではなく、「予防保全」にしたい
  • ・木材加工ワークなので、粉塵の影響から光電管が使えない
  • ・1,650回転まで確実に消耗させたいので、確実にカウント出来るセンサが欲しい

以上、4点のご要望があった。

トラブル状況と損失

  • ■ トラブル頻度:1回/57,600秒(2日稼働)
  • ■ トラブル復旧時間:1,200秒/1回
  • ■ 損失:18,500円/1日 37,000円/2日

MACOMEがオススメする製品は、コレ!!
磁気近接スイッチ『DW-350

カイゼンのポイントと期待できるお客様効果

マコメ研究所製の磁気近接スイッチ『DW-350』をコンベアー下側に取り付け、発磁体『SMG-100N』をトップチェーンに貼り付けた。

  • ・DW-350は非接触タイプで、検出距離40mmまで検知
  • ・トップチェーンに発磁体を裏向けに取り付け、2ch出力が可能で確実に回転数をカウントする
  • ・ワークの停止リミットスイッチを使っていたが、DW-350を使用することにより、リミットスイッチの置き換えとしても使える
  • ・DW-350の磁気検出素子に「可飽和コイル」を搭載。このため指向性が高く、N、Sどちらの磁界も検出でき、衝撃が大きい箇所でも使える

製品の詳細は、コチラ

磁気近接スイッチ『DW-350』
磁気近接スイッチ『DW-350』
発磁体『SMG-100N』
発磁体『SMG-100N』

カイゼンの効果とメリット

  • ■ トラブル頻度:0回/28,800秒
  • ■ トラブル復旧時間:0秒/1回
  • ■ ライン停止時間:0秒
  • ■ 損失:0円/1日

DW-350を取り付けることで、トップチェーンカウント数管理ができ、
事後保全から予防保全が実現できた。

トップチェーン故障によるライン停止時間0を達成!!!!

製品・技術・CADデータ、その他お問い合わせ

フォーム TEL(事業所一覧)※最寄りの事業者へ相談ください

・総合カタログ(Web限定)・カテゴリ別カタログ
・会社案内

ダウンロード ※外部サイト(イプロス)へ移動します